玩具の博物館「日本郷土玩具館」gangukan

「日本郷土玩具館」は、倉敷の美観地区内に位置しています。目の前に倉敷川が流れ、柳が悠々と風になびいています。当館は、倉敷が天領であった時代から、この場所で商いをしていた先祖が、大切に受け継いできた米倉を利用して、日本全国から収集した郷土玩具を展示しております。

地方色あふれる郷土玩具から始まり、中庭を出て別棟に入ると、だるまや土鈴土笛の部屋があります。その奥には、珍しい次郎左衛門雛を始めとする雛人形や天神が部屋いっぱいにあふれています。2階は木の玩具と独楽を中心に展示しております。

第4室全天球パノラマ写真で室内をご覧いただけます。

タブレットやスマートフォンを使うと本当に館に入ったかのように、より臨場感を楽しめます!

下の写真をクリックしてみてください!【撮影制作協力:アマキカメラ