blog

2019年8月15日
【臨時休業のお知らせ】
台風10号の接近に伴う交通機関の乱れにより、
本日8月15日、やむなく臨時休業とさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいませ。
せっかくのお盆休みに倉敷へお越しいただいた方には、大変残念なこと…
被害少なく台風がなるべく早く通り過ぎますようお祈りいたします

 2019年9月27日~ 10月9日

LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 岡山県代表として参加・製作した新しいメッセージツール「ことばもり」をはじめ、いくつかの小さなもの、可愛いものを加えた和紙の展覧会です

備中和紙 丹下直樹

◆作家略歴

1979年 岡山県倉敷市出身

岡山県指定の郷土伝統的工芸品である「備中和紙 」の2代目後継者。

1000年を超える歴史を持つ和紙作りを家業とした丹下哲夫氏の孫にあたる。

祖父の技を受け継ぎ伝統を守り続けながら、新たな視点でその魅力を伝える。

平成25年度日本民藝館展奨励賞受賞

【会期】

2019年9月27日(金)~ 10月9日(水)

10:00~18:00(最終日16:00)会期中無休

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」 

2019年8月29日~9月23日

京都舞鶴の陶磁器製造工房「MUDDY 真泥」村山朋子さんの個展です。

村山さんの作る器は、優しく控えめで穏やか。繊細で柔らかな筆の跡と、淡くあたたかな発色の青が印象的です。身に付けた確かな技術と伝統が見て取れる丁寧な絵付けは見事ですが、そこに力みはなく、 そっと料理を主役にしてくれる不思議な魅力があります。

◆作家コメント

MUDDY真泥 村山朋子 3度目の個展です。佐賀県有田の伝統的技法をもとに、西洋式薪窯で焼成した日常使いの器を約300点出品いたします。昔の作り手に想いを巡らせながら、優しい温かみのある器を作りたいと日々製作しています。今回は染付の器のほかに、掛け分けの器、染錦の器もご紹介できればと思っております。

作家略歴

1979年生まれ。京都府綾部市の白雲窯に育つ。

2003年佐賀県立有田窯業大学校ろくろ科修了。

2004年佐賀県立有田窯業大学校絵付科修了。 有田の窯元にて5年勤務。染付、赤絵担当。

2009年京都府舞鶴市に移住。2010年薪窯完成。 熊本県天草地方の磁器土を蹴ろくろで成形、呉須で絵付けし、天然土灰釉をかけ、西洋式薪窯で焼成。

日常使いの器を制作。各地で展示会、グループ展など開催。

◆作家在廊日

8月29日(木)

【会期】

2019年8月29日(木)~9月23日(月祝)

10:00~18:00(最終日16:00)会期中無休

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」 

2019年8月10日・11日

倉敷市連島町にある元治元年創業の丸米醤油の試飲会を行います。本館で販売している全ての商品の味見をしていただけます。 塩分控えめで、身体に優しいお醤油、甘露、濃口、淡口、だし醤油… 一番人気は、本枯節から醤油蔵で出し汁をとり丹精こめて作った「丸米だるまだし醤油」!

新商品の「豚蒲焼丼のたれ」「焼肉のたれ」「生姜焼きのたれ」も人気です!

商品はガラス瓶ではなくペットボトルに入っているので軽くてお土産にもぴったり。

是非この機会にお試しください!

【開催日】

2019年8月10日(土)・11日(日)

11:00~16:00

日本郷土玩具館中庭

2019年7月26日~8月25日

ここ倉敷の地で明治時代から織り続けられている純国産帆布。

高度な技術を受け継ぎ、想いと伝統を紡いできた「倉敷帆布」が作る、懐かしさと伝統技術の詰まった収納箱の展覧会です。

『 8月2日=帆布の日 』を記念し、通常は取り扱いのないとび箱のミニチュアを展示販売します。

子供の頃の記憶が蘇ってくるような、遊び心溢れる、使って楽しい収納箱になっています。

帆布というとトートバッグをイメージする人も多いと思いますが、小学校の体育の授業で使われていたとび箱の天布が、帆布です。

誰もが一度は触った事のある、懐かしく親しみのある素材ではないでしょうか。

帆布は強く丈夫で、使い続けることで風合いも増し、ぬくもりを感じられる素材です。

そんな帆布をもっと多くの人に知ってもらい、生活に取り入れていただけたらと思います。

小物入れには鍵や印鑑、裁縫道具や文房具などを入れて使っていただけます。

ボックスタイプは子ども椅子やおもちゃ箱として、子ども部屋にもぴったり。

様々な生活シーンで自由に使っていただけます。

数量限定となっておりますのでお早めにお求めください。


【会期】

2019年 7月26日(金)~8月25(日)

10:00~18:00(最終日16:00)会期中無休

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」

2019年7月20日~28日

組み木デザイナーの小黒三郎さんが、半生を過ごした倉敷での活動に幕を下ろされることになりました。

長きに渡り親交を深めてまいりました日本郷土玩具館「のくら」 にて、思い出の個展を開催されます。

◆作家挨拶文

大学時代、多摩美の油絵科にいて大原美術館へよく通ったのは、セザンヌの絵が好きだからでした。

40代の半ばに、鎌倉市から倉敷市へ転居しました。

それから、ほぼ40年が過ぎてこの度、来たる8月に鎌倉へ帰ることになりました。

そこで、「ありがとうくらしき展」を開いて鎌倉の古巣へ戻ります。

ほぼ40年、倉敷での生活は、組み木のおもちゃ作りに夢中な楽しい日々でした。

2019年5月 小黒三郎

◆在廊日

期間中できるだけ在廊(時間は13:00~)

【会期】

2019年7月20日(土)~28日(日)

10:00~18:00(最終日~16:00)会期中無休

玩具館「のくら」 

2019年6月29日~7月21日

「伝統」を着る...

kurofuneTシャツは伝統的な柄やモチーフを、シンプルかつ大胆に仕上げた和柄のTシャツです。

生地は伸縮性のある素材で、快適な着心地を実現しました。(綿92%・ポリウレタン8%)

男女ともに着用出来るユニセックスなサイズ展開からお選びいただけます。

和と洋・伝統と現代 が融合された様々なデザインと、幅広い年齢層の方に着用していただけるシルエットになっており、ご家族やお友達とお揃いや色違いでも楽しんでいただけます。

これからの季節にピッタリの kurofuneTシャツ、 ぜひお手にとってお試しください。

【会期】

2019年6月29日(土)~7月21日(日)

10:00~18:00(最終日16:00)会期中無休

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」 

2019年5月11日

倉敷市連島町にある元治元年創業の丸米醤油の試飲会を行います。本館で販売している全ての商品の味見をしていただけます。 塩分控えめで、身体に優しいお醤油、甘露、濃口、淡口、だし醤油… 一番人気は、本枯節から醤油蔵で出し汁をとり丹精こめて作った「丸米だるまだし醤油」!

商品はガラス瓶ではなくペットボトルに入っているので軽くてお土産にもぴったり。

是非この機会にお試しください!

【開催日】

2019年5月11日(土)

11:00~17:30

日本郷土玩具館テラス

2019年5月25日~6月24日

今年で11回目となる「バリの手仕事」展。

早島の雑貨屋coieの店主が手がける、インドネシア・バリ島の魅力が詰まった雑貨展です。

バリを感じるカラフルな物から、シンプルで使いやすい物まで、様々な素材の楽しい雑貨が集まります。

店主オリジナルのデザインを、バリの職人が1つずつハンドメイドで仕上げたバッグやかご、洋服やアクセサリーなども人気です。

革バッグ、かごバッグ、洋服、アクセサリー、インテリア小物、キッチン小物などこれからの季節にぴったりのアイテムが盛り沢山!

ぜひ足をお運びください。

◆在廊日

初日


【会期】

2019年5月25日(土)~6月24日(月)

10:00~18:00(最終日~16:00)会期中無休

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」 

2019年4月28日・29日・5月4日・5日・6日

【くらしき女子コレクション ワークショップ】

場所:日本郷土玩具館 中庭(雨天中止・小雨決行)

日時:2019年4月28日・29日・5月4日・5日・6日

時間:10~16時

くらしき女子コレクション とは...

岡山市倉敷市のハンドメイド女性作家7人が結成した、地域の伝統工芸品を使った作品を作り、発信し、次世代へと繋ぐ活動をするグループです。

「伝統」と「今」を融合した女性の日常に溶け込む作品を作っています。

世代を超えて「カワイイ」に敏感な女性たちに、倉敷を中心とした地域素材の伝統と魅力をお届けします。

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

2019年4月28日・29日・ 5月4日・5日

講師 渡邉和美

『畳縁リボンヘアゴム作り』

参加費:500円~

所要時間:約15分

『畳縁ミニポーチ作り』

参加費:1000円~

所要時間:約15分

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

2019年5月6日

講師 小城レイコ

『畳縁で作る香りのサシェ作り』

参加費:1,500円

所要時間:約15分~


【講師プロフィール】

渡邉和美

魚の鱗を染色加工した素材をメインに、伝統を今に活かしたものづくりを創作活動中。

小城レイコ

オリジナルキャンドル製作や商品開発・レッスン・イベントデコレーションなど、プロキャンドルアーティストして幅広く活動中。

近年では、食品サンプルアート・ラッピング・アロマなどの資格を生かし、地域と伝統を取り入れたモノづくりにも力を入れています。

キャンドル専門アトリエ&SHOP「ラ・ルーチェ・ドルチェ」代表(2008~)

2019年5月11日~5月22日

金属工芸家の内山貞和氏の展覧会です。きらびやかでオリエンタルな雰囲気を纏った作品から、ユニークで自由な発想が楽しい現代的な作品まで、ハンドメイドの繊細な表情が美しいジュエリーが揃います。

◆作家在廊日

 11(土)・12(日)・18(土)・19(日)


+1ギャラリー&サイドテラス20周年と内山貞和展を記念して、日本郷土玩具館中庭でささやかなティーパーティーを開きます

◆ティーパーティー

5月11日(土) 15:00~17:30 

フラメンコギターの演奏もあります。皆様のお越しをお待ち致しております。

(※詳細は日本郷土玩具館プラスワンギャラリーまで TEL:086-422-8058)


【会期】

2019年5月11日(土)~5月22日(水)

10:00~18:00(最終日~16:00)会期中無休

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」 

2019年4月30日・5月1日


倉敷市連島町にある元治元年創業の丸米醤油の試飲会を行います。本館で販売している全ての商品の味見をしていただけます。 塩分控えめで、身体に優しいお醤油、甘露、濃口、淡口、だし醤油… 一番人気は、本枯節から醤油蔵で出し汁をとり丹精こめて作った「丸米だるまだし醤油」!

商品はガラス瓶ではなくペットボトルに入っているので軽くてお土産にもぴったり。

是非この機会にお試しください!

【開催日】

2019年4月30日(火)・5月1日(水)

11:00〜16:00

日本郷土玩具館中庭