くらしき酒津焼 兜山窯

2020年9月16日~22日

兜山窯二代目孝明氏、三代目達弥氏による展覧会です。

兜山窯は高梁川西岸の酒津八幡山(通称兜山)の山麓にあります。

伝統・風土・力強さと同時に、素朴な風合い・土の温かみを併せ持つ、味わい深い作品を生み出し続けています。

◆作家コメント

初代岡本蕭一の薫陶をうけた二代孝明、三代達弥父子二人が良質の兜山の土を生かし、

灰釉を主に海鼠釉、糖白釉、辰砂他多種の釉を駆使して、時代に即した斬新で

生命力ある作品を目指して精進しております。

兜山窯で生まれた作品が皆様の暮らしを豊かにし、潤いと安らぎを与えることができれば、この上ない幸せです

◆作家在廊予定日

16日・22日

◆作家略歴

岡本孝明

日本工芸会正会員

1938年 酒津焼兜山窯初代蕭一の次男として生まれる

1960年 岡山大学特設美術科卒業

     愛知県窯業指導所にて研修

1961年 父蕭一と共に兜山窯にて作陶を始める

岡本達弥

1975年 酒津焼兜山窯二代岡本孝明の長男として生まれる

1997年 岡山大学特美(工芸)卒業

     父孝明と共に兜山窯にて作陶を始める

【会期】

2020年9月16日(水)~9月22日(火祝)

10:00~17:00(最終日は~16:00)会期中無休

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」